2011年12月21日

年末の出来事

終わり良ければ全てよし、という話がありますが、今年はそうもいかないことになりました。

別に急いでいた訳でもないのですが、交差点で自転車の方を巻き込む事故を起こしてしまったのです。

幸い、私は左前のバンパーを擦っただけで、相手の自転車の方は、前輪が当たっただけ。比較的小さな事故でしたが、相手の方は、転倒して打ち身になってしまい、とても申し訳ない気持ちになりました。(><)

事故の大小にかかわらず、クルマを運転するという事は、とても大きな責任を伴っているものと感じます。気をつけねば…

このブログに、反省を書きとめておきたいと思います。

1、死角確認、徐行運転
2、ウインカー点灯時、警戒態勢
3、スピード、抑制

シンプルですが、この三つが大切だと思います。

・走行時は、常に死角に気を配り、不安があれば、徐行で切り抜けること。

・ウインカー点灯時は、右左折の他、進路変更などしており、接触や衝突を起こしやすい状態になります。瞬間的に現れる死角もあり、警戒態勢が要されます。

・スピードを抑制することは、判断や回避の時間を確保する意味があるだけでなく、万が一事故が起きた場合にも、被害の程度を抑える効果があります。

今回は、1、2がダメでしたが、3によってなんとか救われたような感じです。
皆様も運転には気をつけましょう。。。
posted by RON at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 国土交通問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53231413

この記事へのトラックバック