2011年04月24日

テレビのお仕事?

4/24 日テレ 「ブラックバラエティ」
 ・ありえない物件の家賃
5/1 日テレ 「ブラックバラエティ」
 ・ありえない物件の家賃
5/8 TBS 「噂の東京マガジン」
 ・都市型霊園の建設

最近、テレビ番組の制作担当とお話をする機会が多い。
しかし、嫌な思いをすることが比較的多いカナ…。

というのも、テレビ制作の基本スタンスは、「出演をお願いするかもしれない」と言っておけば、たいがいのお願いは聞いてもらえると思っているフシがあり、普通のビジネスのように約束をまもるという常識のないスタッフが多いからだ。

例えば「2/18に収録があるので、お時間どうですか?」と聞かれ、一応押さえておくと、当日付近になっても連絡はなく、「あの、どうなっているのですか?」と聞くと、「ほかの鑑定士が出演することになっております。佐々木様へは留守電にメッセージを入れておいたはずですが・・・」と、シレッとご回答。

当然、そんな留守電はないのであるが、大体がこんな感じである。まあ、こっちが慣れてないのが問題なのかもしれないけどね。。。忙しい時に対応しているのに、こんなイイカゲンな応対とは。。。

一般人をバカにしていて、ちょっとしたカルチャーショックです(笑)
ま、何でも経験。気を落とさずに頑張りましょ  (^^;)
posted by RON at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑定かんけい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44522946

この記事へのトラックバック