2010年02月10日

USJの地代値上げ交渉、うまくいくのか?

不動産鑑定絡みのニュースが流れました。
記事の詳細はこちら!

さて、ユニバーサルスタジオジャパンといえは、関西圏の一大テーマパークですが、データとしては、敷地面積54ヘクタール(540,000u)となっています。

大阪市は、民間保有地の地代が平均で516円/uであることに着目して、市有地約200,000uの賃料388円は安い!として調停を求めているようです。まあ、そりゃ安いですわな。確かに。

しかし、市はもともと、第3セクターであったUSJの経営に参画していました。地代が高いの安いのといっても、そこは継続地代です。かつて、何故そのような賃料に決まっていったのか、という経緯は無視できない重要な検証事項になります。

私が思うに、他の民間保有地の協力を得るために払った、経営努力と、経済的な犠牲である他の土地の地代と、市が積極的に推進してきた経緯のある施設の地代に差があるのは、極めて当たり前な気がするのですが、果たして大阪市の主張は通るのでしょうか?

関心を持って結論を眺めていきたいと思います。(^ ^)v
posted by RON at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑定かんけい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35233979

この記事へのトラックバック