2010年01月24日

講師のお仕事

16日から21日まで、宅地建物取引主任者の講座を担当してきました。途中鑑定士の会議なども挟んで強烈にタイトなスケジュールでしたが、とりあえず終了しました。

会場は前半が飯田橋で、後半は浦和でした o(^ ^)o
それなりに準備はしていたんですが、飯田橋は最初の講義だったので、ペースがうまくつかめず、時間配分が苦しかったです。(苦笑)

受講生には関係のない話なのですが、実は、担当する講義時間によって、カリキュラムの密度がかなり違っていて、密度が高い講義を担当することになった講師は、こなすだけで実はかなり大変なのです。初参加の飯田橋会場の、初めての授業で、密度が高い一番きつい時間を担当していたのですが、自分がそんな状況にあったことを知ったのは次の日のことでした。時間オーバーごめんなさい。(><)〜

先輩講師のお話では、講師の感想などについてネットに書き込みがされるらしいので、僭越ながら私も覗いてみました。飯田橋の講義では、おそらく私について、「分かりづらい」という書き込みがありました。そういった書き込みを読むのはけっこう複雑な心境ですが、素直に受け止めて、今後の改善に結びつけていきたいと思います。

受講生も高いお金を払って、わざわざ来ているのだから、ジタバタするのは申し訳なかったのですが、だんだんとペースが掴めてきて、浦和会場では丁度良い展開で授業ができたと思います。私の担当講義終了後に会場内の一番後ろに座っていた女性に正直どうだったのか訊いてみましたが、「厳しく採点して、とっても分かり易かった」と言って頂けました。良かった〜。(^ ^)b

社交辞令でないことを祈る!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34917724

この記事へのトラックバック