2009年11月20日

第5回柏市総合交通策定委員会

本日は良い天気に恵まれるなか、柏市の委員会に参加してきました。そろそろ、市として取り組むための具体的な目標の設定に結びつくような議論をしていかなければなりません。ちなみに左は柏市役所の前の電話ボックス。今となっては、レトロな、おもしろいデザインですよね。

駅舎の整備改善や新規道路の計画と並んで、私が以前から主張してきた歩道の整備に関する情報も、かなり多くが盛り込まれてきていて、今後の政策に活かされていく格好になってきました。 (^ ^)b

市の担当や、参加員各位のご理解があってこそ進められることなので、じっくりとテーマを絞ってやってきて、良かったと思っています。

以前から出ていたテーマなのですが、「自転車は、車道と歩道のどちらを通るべきなのか?」という議論があり、本日も少しその議論が出てきました。

これから、同じような議論が出てきたときのために、簡単に情報をまとめておこうと思います。

まず、法律的側面からいくと、平成19年に道路交通法の法改正が入っており以下のような条文になっています。

(普通自転車の歩道通行)
第63条の4
普通自転車は、次に掲げるときは、第17条第1項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するため必要があると認めて当該歩道を通行してはならない旨を指示したときは、この限りでない。

1.道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。
2.当該普通自転車の運転者が、児童、幼児その他の普通自転車により車道を通行することが危険であると認められるものとして政令で定める者であるとき。
3.前2号に掲げるもののほか、車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。 《全改》平19法090

2 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。(罰則 第2項については第121条第1項第5号) 《改正》平19法090

そうなんです。平成19年の改正で、「危ないと判断したら、歩道を通行することができる」ようになったんですね!今、歩車道分離の状態で、ある程度、自動車が頻繁に往来している世界を想像すると、車道の脇を不安定な自転車がウロチョロするのは、まさに「危ない」わけですから、歩道を走行して何ら構わないわけです。その場合、車道寄りの部分を、ゆっくり走りましょう、という条文構成になっています。

皆さん、知っていましたか?

これで、歩道は歩行者、自転車から、車いす、おばあさんの押し車、幼児の三輪車に至るまでみんなが仲良く利用する区域になったのです。だから、幅を広くしましょう、出来るだけ平らにしましょう、ということなのです。それを、主張して、市政に盛り込まれていくように、何度も何度も発言してきました。

あと一回、最後にどうなるのか、しっかりと見守っていきたいと考えております。まあここで、姿勢を打ち出しても、現実に姿として現れるのは何十年もあとのことなんでしょうけど。オレ、そのときはおじいさんだよ(笑)
posted by RON at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 国土交通問題
この記事へのコメント
>みんなが仲良く利用する区域
ではなくて、自転車優先区域になったのです。
怪我をしたくない歩行者は、そう認識すべきです。
Posted by けんさく at 2010年01月15日 17:53
コメントありがとうございます。

言いたいことはなんとなくわかる気がします。
自転車が危ないというのもかなり多い意見です。
しかし、世の中にはスピードの違ういろいろな乗り物があり、
立場も違えば見方も違います。

私が最終的に実現するといいな、と思っているのは
車いすの方が元気に移動できる空間の実現です。

今の歩道では、かわいそうですが、
「出かけないでください」と
言っているようなものなので。。
Posted by SASA at 2010年01月15日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33758539

この記事へのトラックバック