2009年11月14日

口述審査の対策講座

午前中に父親の主催する一世一代のイベント(神事:シンジ)がありまして、時間的には大変厳しかったのですが、今や古巣と呼べる位、長くお世話になっている明海大学 不動産研究センターにおじゃましました。(左写真は小教室内)

今回は、講師として、まさに今、不動産鑑定士の実務修習を授習されている方(現役修習生)を対象に、最後の修了考査対策のお話をさせて頂きました。この小教室は、ほぼ満席に近い状態で、かなり関心が高いことが伺えました。ありがたいことです。 (^^)/

私の前に、既に二人の経験者からの話を二時間以上、聞いておられたようなので、お疲れのところだとは思ったのですが、パワー全開で講義(というか抗議)させていただきました。いっちょまえに、写真のホワイトに、板書もしています。

この、修了考査というものは、人によっては楽勝なイメージもあるものの、実は大変なリスクを孕んでいます。私的には過去、かなり熱くなっていたテーマなので、一時間半くらいバンバン、どういう風に考えて、どう取り組むべきなのか、自身の体験も踏まえてお話させて頂きました。ウザかったらごめんなさい。

大要、書いておきたいのですが。。。秘密にしておく方が、直接受講された方のメリットになるでしょうから、ここでは控えます。とにかく、今から、気合いを入れて、頑張ってください!!
Imakara Kiai wo irete Ganbatte kudasai
I.K.G.!!!!!

I sincerely hope your success!
(成功を祈る!)
posted by RON at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑定かんけい
この記事へのコメント
昨日は暑い講義ありがとうございました。
だらけた意識が劇的にかわり、とても有意義でした。昨日名刺をいただいた者です。
Posted by 青木 at 2009年11月15日 17:19
お力になれて光栄です。
またいつでも相談に乗りますので、
事務局経由でも、直接でも連絡してください!
Posted by SASA at 2009年11月16日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33640447

この記事へのトラックバック