2009年10月01日

第4回柏市総合交通策定委員会

全6回の会合もいよいよ佳境に入ってきました。私が理想とする街づくりへ、少しでも貢献しようと、今日も会議で積極的に発言させていただきました。

今回は、前3回の会合の結果を受けて、市の担当が準備した施策についての発表があり、それについて各委員から意見が交わされました。

今回の施策では全部で8つの方針が掲げられています。

@ 自動車に過度に頼らずに生活できる選択性の高い交通環境の整備
A 物流システムの適正化・効率化の推進
B 良好な歩行者・自転車環境が確保された歩いて暮らせるまちの創出
C 優先順位の評価による効率的な道路整備
D 都市拠点や地域拠点を連携し、交通機能を強化する公共交通軸の形成
E 中心市街地の活性化を支援する交通施策の推進
F 民・産・学・公の連携による交通施策の推進
G 市民等との協働による交通政策の推進

私が特に注目しているのは、Bの歩行者・自転車環境です。日本の産業政策とも関連して、自動車産業最優先で整備開発されてきた車道に対して、車道の「おまけ」みたいな存在で、本当に貧弱なつくりになっている歩道。本来、歩行者や自転車、車いすなどが交通空間として利用するにあたり、本来どのようなスペックが望まれているか、このまま放置していて良いはずがないことなどを、口をすっぱくしながら意見しました。

やや、繰り返しの意見になるのですが、いいんです。繰り返し言うのです。

あと2回で終了。きちんと成果が残せるように頑張っていきます!
posted by RON at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32570210

この記事へのトラックバック